トゥインゴ3とルーテシア4 Phase2(ゼン、アクティフ)に装備されている純正ラジオ(AM・FM/USB/Bluetooth)と連携できる専用アプリの『R&GO』。
このアプリはBluetoothで純正ラジオとペアリングすると車両情報、メディア、電話、ナビゲーションの4つの機能を表示するインフォメーションディスプレイになります。
この中のナビゲーション機能はスマートフォンにインストールされているナビアプリをR&Goに紐付けすることにより使用することができるようになります。
今回は、その設定方法を解説致します。

1)純正ラジオにスマートフォンを固定するクレードルはオプションで販売しておりますので、購入して取付けておきます。

2)スマートフォンに『R&GO』アプリをインストールしてください。

3)アプリを起動すると利用規約の画面が最初に出てきます。進める場合は読んでから『同意する』をタップ。
利用規約ルノーロゴ

4)ホーム画面に移動します。ここで『地図データダウンロードは・・・』と出てきますが、このまま進んでも日本の地図をダウンロードすることができません。左上の赤丸の箇所をタップしてホーム画面に移動します。
ホーム画面に移動

5)右上の歯車をタップして設定画面に移動します。
歯車をタップ

6)右上の歯車をタップして次の画面で地図アプリを設定します。スマートフォンにインストールされているナビアプリが『CoPILOT』の下に表示されますので、いくつか出てくる場合はお好きなアプリを選択してください。
歯車をタップ地図アプリを選択

7)アプリを選択するとCoPILOTの代わりに選択したアプリが表示されます。これでR&GO上でナビゲーションアプリを立ち上げることができるようになります。

8)ナビアプリ画面の左上に出てくるR&Goアイコンをタップすると、R&GOのその他の機能と切替できます。
ナビアプリからの切替

ナビアプリをR&GOに紐付けしなくても使うことができますが、紐付けすることにより、あたかも純正ナビゲーションのように表示を切り替えることができます。
R&GOを操作する際は、安全のために車が停止している時に行ってください。