MEGANE R.S. TROPHY-R

来春発売予定のメガーヌR.S.TROPHYの研修に参加し、富士スピードウェイのショートコースでメガーヌR.S.と(助手席で)乗り比べをしてきました。

近年、ドイツのニュルブルクリンクサーキットで様々な自動車メーカーがFF車最速を目指して凌ぎを削っています。タイムアタックの記録がオープンにされるものもあれば、記録を更新すること無くひっそりと去って行くこともあるようです。現在その頂点に立つのが、メガーヌR.S. TROPHY-Rです。メガーヌR.S.がFF最速の称号を得たのは通算3回目となります。

ロラン ウルゴン氏

研修では、タイムアタックドライバーの、ロラン・ウルゴン氏から2年前に始まったUNDER8プロジェクトの話を聞くことが出来ました。メガーヌR.S.から約100kgの軽量化、オーリンズダンパー、コンポジットスプリング、アクラポヴィッチマフラー、スピードラインホイール、MICHELIN PILOT SPORT CUP2等の選定に関することが聞け、この価格帯の市販車にここまでするのかと驚きました。また、これらのパーツをただ単に装着しただけではサーキットを速く走ることができません。すべてのパーツを高い次元でバランスが取れるようにセッティングすることも非常に重要なことです。そのために何をどうすればすればいいのか、というノウハウは競技車両の開発及び販売、ワールドシリーズバイルノーというレースを主催するルノースポールにはあります。

この車に少しでも興味を持たれた方は、是非ショールームまでお越しください!いかに買いの車かということをご説明させていただきます!


Speedline19インチTurini
※写真の軽量ディスクローターはオプション品です。
Speedline19インチTurini

RECARO バケットシート
RECARO製バケットシート

アクラポヴィッチ チタンマフラー
アクラポヴィッチ チタンマフラー

オーリンズ 1wayダンパー(フロント車高調整機能付)
オーリンズ製ダンパー

 

やまだ